FC2ブログ

記事一覧

408回目 コロナ真っ只中の日曜日、、

3月15日日曜日の乗務、9時半出庫6時帰庫です。


コロナショック中での日曜初乗務、最近の休日の日中は人出が少ないし、元々夜も厳しい日曜日、力技で乗り切る作戦、あと乗り場はやりません。


さて朝イチ、会社近くの乗り場0分2,500円スタートです。


外なので、無線狙いつつ流すと、王子→八重洲3K、ナイススタートダッシュですがど真ん中(苦笑)。


通常なら東京駅ですが、今回も基本は乗り場やりません。


流しながら六本木向かいますが、午前中なので人が全然いません。


結局、40分ノーヒットで道玄坂で無線が鳴り、上原→南青山2K弱、50分ぶりの実車です。


渋谷へ向かうと無線、代官山町→秋葉原駅4K、助かります。


文京区へ向かうと無線、三崎町→本郷で10分待機→山吹町2Kです。


大久保通りで新宿へ、歌舞伎町行くと無線、新宿→北新宿1K、めちゃ遅れて来てキャンセル2分前でした、危ない危ない。


また無線で新宿→大橋3K、道玄坂着け待ち5分→神宮前660円、その後無線で北青山→銀座3K、京橋→東京駅420円の千円札お釣チップ、ありがとうございます!


そしてまた外に逃げますが、六本木までノーヒットで六本木→南青山820円、すぐ→北青山660円で、連続運転切りたいので、外苑前駅乗り場ハナに着けると2分で無線、南青山→豊洲3Kです。


急いでいるから高速でも良いと言われましたが、咄嗟にルートが思い浮かばず、ベタ進行ですが、飯倉ヒュ新富町からの佃大橋でも行けましたね、距離もだいぶ伸びますし(苦笑)。


こういうの苦手なんですよね、都内の首都高移動(苦笑)。


連続運転がヤバイので、行きつけの豊洲の公園で強制休憩です。


豊洲~月島~銀座~虎ノ門~六本木~広尾~恵比寿と流し、休憩15分を含む55分ぶりの実車が660円、道玄坂へ。


休憩はしたばかりなので流すと、道玄坂→恵比寿1K、日曜日の苦しい17時なので恵比寿で着け待ち休憩消化、10分ちょいのノーヒットで離脱、旧山手を渋谷へ向かうとお客様、猿楽町→東中野2K、無線で1Kのち新宿行きます。


500円加点して歌舞伎町へ、無線で百人町→新宿1K、着発→神宮前1Kで道玄坂へ。


着け待ち20分ノーヒットで離脱、3分後に500円です(苦笑)。


10時間経過で39K、時間4Kを割ります。


道玄坂流しますが、全然乗せれず、660円加点したところで渋谷に見切りをつけると、無線で840円のち、幡ヶ谷→神宮前2K弱、渋谷へ行かず恵比寿へ。


恵比寿着け待ち10分ちょいノーヒット休憩消化で離脱、結局道玄坂流しへ。


やはり道玄坂はダメ、流しまくって結局は無線、笹塚→北沢1K、1時間弱ぶりの実車です(苦笑)。


ここで丁度青タンを迎え、青タンまでに、25組44K、ここ2回の土曜日よりかは、やれてる感があります。


幡ヶ谷からは歌舞伎町へ、着け待ち8分→高円寺南3K弱、歌舞伎町戻ります。


職安通り着け待ち20分→道玄坂2K、道玄坂は大渋滞、ふとビタ番なことを思い出し、NHK行きますがバッテンオヤジに敗北(涙)。


粘っても入構に時間かかりそうですし、回転もどうか分からないので、手堅く歌舞伎町戻ります。


歌舞伎町→幡ヶ谷1Kのあと、歌舞伎町→吉祥寺南町5K弱、荻窪かすめますがノーヒット、また歌舞伎町へ。


歌舞伎町→東中野1K、戻って歌舞伎町→弥生町1K、すぐ→信濃町2K、これデカイです。


新宿通りで戻ると、新宿→本天沼4K、横断歩道に着け待ちがいたのですが、人影見えたので近寄って、勝手にドアオープンして強奪しまし(笑)。


早稲田通りから中野を目指すと無線、高円寺南→永福2K、一気に流れが来ました。


甲州街道で戻り、また歌舞伎町へ行きますが、若干閑散としてます。


とりあえず着け待ち、5分→中井経由→和泉4K、歌舞伎町に戻ります。


休憩があと30分ほど残っているのであまり時間がなく、帰庫方向に頭を向けて、あまり実車にならなそうなポイントで着け待ち、30分ノーヒットで休憩完全消化したところで、帰庫してフィニッシュです。


日中が思ったより仕事になりました。


最近の土曜日の感じだと、ボロボロで終わるかと思いましたが、今回も乗り場を徹底して避けました。


そして、中では仕事をせず、六本木方面に逃げまくりました(笑)。


コロナ真っ只中の日曜日なので、6コロは覚悟していましたが、そこまで苦しまず7万越えです。


これにて今月度は終了、12出番なのもあり、月間ミリオンも達成しました。


それにしても苦しい3月度でした、早く普段通りに戻って欲しいですね。



37組74K


3月度累計(12乗務) 475組1,008K(平均39組84K)



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

venderman

Author:venderman

最新記事