FC2ブログ

記事一覧

391回目 東京駅から19K!?

2月2日日曜日の乗務、9時半出庫6時帰庫です。


ここから6連勤です、気合い入れて頑張ります!!


さて朝イチ、会社近くの乗り場31分660円スタートです。


その後無線が鳴りますが、お客様全然現れません。


連絡すらも取れず、無線取ってから30分弱後に時間切れキャンセル、モラル無さすぎです(怒)。


そのあと歌舞伎町へ向かいますが、出庫1時間で660円のみ、その後も低単価&待たされる無線でペースが上がりません。


よく呼ばれるマンションからの無線、かつて一度だけ羽田がありましたが、待たされるし単価低いしと思ったら、まさかの草加まで!


耳を疑いました(笑)。


大久保→高松ヒュ新郷→草加市草加市9K弱、助かります。


足立区が近いので、国道4号で足立区に入り、公園脇で無線待ち休憩、早々にトイレが限界です(苦笑)。


結局無線は鳴らず、10分ちょっと休憩消化したあと、国道4号で上野方面目指します。


すると無線、迎え先は4㎞先の千住と遠いですが、中に向かうのでまだマシです。


千住→千住東1K、約50分ぶりの実車、その後しばらく、上野あたりで低単価の無線にやられます。


上野松坂屋乗り場9分→千駄木1K、そのあと無線、迎え先が本駒込の日本医師会館、事前にチケットを受け取り、送り先は東京駅の予定。


東京駅なら乗り場にも入れるし、いい展開と思ったら、娘に会いにくいから最寄りの京浜東北線の駅で、とのことで田端駅まで1Kです(涙)。


限度額無しのチケットなんだから、娘さんのところまでタクシーで行けばいいのに、、、てか提案すれば良かった。。。


そんなこんなで、日曜日は日中勝負なのに、時間4Kにすら届きません(苦笑)。


その後、水道橋から東京駅までノーヒット、しかも、日曜日は普段、新宿渋谷方面に飛ばしてもらうため丸の内南口に入るのに、間違えて北口に入ってしまいました。


ダメダメですね(涙)。


東京駅丸の内北口24分、このチケット使えますか?とお客様、久喜市までお願いします、と(驚)。


耳を疑いました(再)。


丸の内→神田橋ヒュ白岡菖蒲→久喜市菖蒲町菖蒲19K、奇跡の一撃です!!


戻りは、白岡菖蒲ヒュ足立入谷で営業エリアに入り、無線狙いつつ流しますが、環七~北本通りまで来て50分ぶりの実車、王子→足立区新田1K、その後は、足立区と北区で無線です(苦笑)。


着地の足立区江北~明治通り~池袋~馬場口の交差点までノーヒット、そこで無線鳴り、下落合→南長崎1K、35分ぶりの実車です(苦笑)。


無線で西新宿→六本木3Kで、そのあと六本木と麻布十番で三桁4連発、ここで青タンを迎えます。


ちなみに青タンまでに、25組55K、完全に菖蒲町に救われましたね。


青タン一発目は、南麻布→西五反田2K弱、山手通りから恵比寿へ。


恵比寿で着け待ち5分→赤坂2K、六本木へ行くと、六本木→道玄坂1K、すぐ→松原経由→幡ヶ谷ヒュ神田橋→日本橋馬喰町9K、ナイスです!


着地が23時半、靖国通りがすぐなので、荒木町行くもダメ、もう歌舞伎町へ。


職安通りで着け待ちしますが、なかなか実車にならず、51分してようやく→上十条4K、80分ぶりの実車、一生乗らないかと思いました(笑)。


戻りは池袋へ、420円加点しますがめちゃ厳しいので歌舞伎町へ。


しかし、歌舞伎町もやはり厳しく、820円加点したあと、着け待ち10分ちょいノーヒットで休憩を完全消化、着け待ちから離脱し、歌舞伎町→和田1K、すぐ→新井1Kです。


中野駅へ向かうと無線、大和町→鷺宮1K、沼袋かすめ中野駅かすめ、青梅街道で新宿へ向かうと、鍋屋横丁の交差点でお客様です。


本町→中野長者橋ヒュ加平→南花畑10K、やりました!!


無線が鳴り、竹の塚→西日暮里3K、もう歌舞伎町行きます。


4時半の歌舞伎町、先ほどとはうって変わって、空車少ないです。


それでも、人も少なくノーヒットが続きます。


20分でようやく実車500円、そのあと歌舞伎町→笹塚経由→高円寺南3K、帰庫時に820円加点してフィニッシュです。


青タン前も青タンも厳しかったです。


ロング以外は常に厳しい印象でした。


そのロングも、丸の内北口とか深夜の青梅街道戻りとか道玄坂とか、かつて何百回とやってたところでたまたま出ただけで、ラッキーな要素がデカかったです。


2時半頃とか8万も見えたし、キツくてメンタルもボロボロ、もう飯食って寝ちゃおうかなとも思いましたが、やはり最後まで諦めてはダメですね!


でもやはり閑散期と言われるニッパチの2月、簡単にはやらせてくれません(苦笑)。



40組98K



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

venderman

Author:venderman

最新記事