FC2ブログ

記事一覧

2019年を振り返る

こんにちわ。2019年の乗務も無事終え、15日間海外旅行中のベンダマンです。


2019年、ぼくにとってどんな年だったか、振り返ってみたいと思います。


では、早速、、、


★1月度(11出番平均83K)
1月度ですが、12月中旬~1月中旬なので、12月を含んでいます。12月中は繁忙期ですが、1月に5コロ6コロが1回ずつあり、数字を落としています。どちらも暇な時間帯に心が折れて仮眠しちゃってますね(苦笑)。ちなみに、会社近くの乗り場を活用し始めたのもこの頃、最悪待たされても休憩消化スタートとなる効率の良い出だし、高速のインターもすぐ近くにありますし、運が良ければ一気に中に入れます。実車になるまで凄腕先輩を始め、同じ出庫時間の仲間と談笑、今では欠かせない定番です(笑)。

★2月度(11出番平均76K)
同期との温泉旅行があり、酒蔵巡りの井戸水のせいか、同期と共にウイルス性胃腸炎になり、地獄を見ました(涙)。頑張って出社し点呼は受けたものの営業できず病院へ、ひと出番棒に振ったため、実質的には月間平均84Kです。海外旅行にも行き、同期との温泉旅行、他社仲間との新年会、甥の誕生会と、プライベートも充実です。

★3月度(7乗務平均97K)
GWに有休で2週間同期との海外旅行のため、乗務回数少ないです。東京マラソンという特殊乗務でのテンポイントを始め、羽田経由の成田3マンシュウを引いたり、青タン直前からの5連続ロング引いたりと、年度末の追い風で3回のテンポイント、平均を大きく上げました。また、営収を上げても距離に阻まれるパターンが多くなり、移動距離を節約するため、着け待ちポイントのレパートリーを増やし、無駄走りを減らす等、工夫を余儀なくされ、のちの成長へと繋がります。

★4月度(11乗務平均90K)
時間効率を強く意識し始めた時期です。降車から次の実車までを最低でも10分にとどめたい、経験をもとに精度を上げていきます。3乗務連続テンポイントもありますが、銀座1号の2回目以降がワンフロア運用に変更、プール内休憩が難しくなり、時間効率のため、銀座1号は第一陣のみの活用にします。

★5月度(8乗務平均86K)
同期との勉強会&飲み会で牡蠣に当たり当日欠勤し、また有休でGWに14日間海外旅行に行ったので出番は少ないです。当欠のため規定の出番を割ったので、歩合が10%減になったと思われます(涙)。

★6月度(12乗務平均92K)
イレブン2回やるも、GW旅行明け風邪を引いてしまい、しかも経路ミスのタクセンクレームで弁明のため出頭、後日講習と散々な出足、反省の月となりました(涙)。

★7月度(10乗務平均88K)
内勤の配車担当さんがミスったため、10乗務になってしまいましたが、自己都合でないので歩合は通常通りです。他社のタクドラ仲間と飲んだり、初期のベンダマン時代の仲間と飲んだり、直近のベンダマン仲間と飲んだり、プライベートは飲み過ぎです(笑)。営収に関しては7~11万とムラもあり、また暑くなった時期なので、夏バテ感が否めません(苦笑)。

★8月度(11乗務平均94K)
月度始めに同期との温泉旅行、直後海外旅行と、旅行続きのスタートです。暑く厳しい日々ですが、プライベートもエネルギッシュに行動できた1ヶ月でした。この頃になると、営業スタイルにも確信を持ち始め、苦手意識のあったお盆時期も数字を落とすことなく8~11万と推移し、9万越えが目標になっていきます。

★9月度(12乗務平均89K)
先月度から5連勤6連勤6連勤、明けも10㎞ランでハードながらも充実の日々、しかし9月にふくらはぎ怪我と頑張りすぎました(苦笑)。気持ちは強いのですが、暑さもあり体がついてかず、身体的に衰えてきたなと感じる月でした。

★10月度(11乗務平均87K)
2年ぶりの違反(時間帯右折禁止)したり、超大型台風の影響で鉄道が軒並み運休で仕事にならずの5コロがあり、消費税増税で運賃改訂があり、個人的にはインプラント手術でひと月分の給料がブッ飛んだのもこの月ですね(苦笑)。

★11月度(11乗務平均96K)
テンポイントを6回達成しますが、体に負荷がかかってると感じ、しっかり食事休憩を取るようにし始めた月です。乗り場や着け待ちのバリエーションを積極的に広げたり、銀座1号の第一陣にこだわらない営業をしたりと、より効率の良い営業を意識したのが、高営収に繋がったと思います。即位の礼があったり、事前確定運賃がスタートした月でもあります。

★12月度(11乗務平均103K)
月度始めから4乗務連続を含め、テンポイント6回達成、年末の追い風に乗ります。1月度終了までの1ヶ月半、怒涛の21勤と銘打って始まった12月度、営収も高く明けもトレーニング完遂で充実しますが、気持ちに体がついて行かず、怪我や、過労によるアレルギー発症、もう若くはないなと、食事による効率の良い栄養摂取や睡眠等、健康に気を遣わざるを得なくなります(涙)。平均としては初めての10万越えです。


2019ではないですが、おまけとして、、

★1月度(10乗務平均96K)
月度始めに3乗務連続10万、世間的に仕事納めの週は振るわず8万台、元日からまさかの3連続テンポイント。怒涛の21勤が終わりに差し掛かり体力的にキツく、明けのモチベーションが上がらず、明けのトレーニングはサボってます(苦笑)。てか体力温存したからこその、年明け3連続テンポイントですね。年始乗務してみて思ったのは、来年の年始は3日までなら日中多忙なので出ても良し、5日のテンポイントはラッキーパンチです。




それでは、細かいデータを見てみましょう。

【2019年間成績】
126出番 総営収11,367,620円(税込) 平均90,219円(税込)

となりました。ちなみに年間で、10万越えは28回で、5コロ2回・6コロ1回・7コロ12回と、コケる回数が減り、数字の安定へと繋がってます。


2019年は年収670万を少し越えたくらいです。2018年が確か136出番で平均79Kで、年収640万だったと思います。年収を公表するのはどうかとも思いますが、ベンダマンからのタクシー転職を支援したいという思いからスタートした当ブログですので、参考にして頂ければと。


平均営収9万越えの割りに、年収が高くないのは、出番が少ないためです。ぼくより平均営収が高い凄腕先輩は毎月13出番(年間156出番)、年収800万円弱ではないかと思われます(驚)。


連休は毎月取り、明けも含めての4連休、5連休、6連休3回、7連休2回、8連休3回、9連休、14連休2回(有休含む)、(2連休3連休は省略)です。


2週間弱の旅2回を含め、海外旅行にも11回行き、トータル2ヵ月間以上海外にいました(苦笑)。出番が少ないのはそのためもありますし、タイトな連勤も海外旅行ゆえです(苦笑)。まとまった連休を作らなければ、もっとゆとりのある乗務なのですが、趣味である毎月の旅行は仕事への活力、今となっては欠かせません。




こうして振り返ると、スキルが上がって、効率良く営収も上がってますが、体力の衰えが現れ、特に繁忙期の年末に健康面に影響が出てしまいました(苦笑)。


調子に乗ると頑張りすぎてしまうのが、ぼくの悪い癖なので、今年はもう少し体に優しく仕事をしつつ、それでも精度を上げ営収を落とさずやれれば、と思います。


年始の2週間ほどの連休は毎年恒例です、南の島でのんびり海を眺めながら、また来年も1年間を振り返れたらいいですね!


タクシーを始めてほぼ丸3年ですが、この業界に飛び込んで良かったです、入社時に力になってくれた友人と師匠、のちに出会ってくれた同期や先輩方、仲間たちに感謝します!!


そして、こんなニッチでマニアックなブログを読んでくださってる読者のみなさんにも感謝しています。


いつもありがとうございます。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

venderman

Author:venderman
FC2ブログへようこそ!

最新記事